痛みの原因

風邪の症状

喉の痛みで一番多いのはやはり風による症状です。風邪は最近やウィルス身体に入り炎症を起こします。その時に鼻、喉、気管支に炎症が起こり気道粘膜炎症症状が起こることで、喉に痛みが発生します。

感染する病原体はさまざまで、最初の感染はウイルスが約80パーセントといわれています。また、二次感染として細菌感染を合併することが非常に多く、この 原因ウイルスがインフルエンザウイルスから、ライノウイルス、エンテロウイルス、アデノウイルス等様々で季節性もあります。